ダンデライズのスタッフブログ

防災対策

この度の未曾有の震災に際し、心痛める日々が続いております。
被災された皆様ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞いを申し上げますと共に
復興に尽力されている皆様には安全に留意されご活躍されることをお祈りいたします。
一日も早い復興を心から願い、少しでも自分にできる事を続けてまいりたいと思っております。

今回は、お客様より建物の耐震等級についてのお問い合わせを多くいただいておりますことを受け、
急遽、弊社提携の「戸建分譲研究所」アナリスト松沢氏のコラムを掲載させていただきました。
ぜひご一読いただき、ご不明な点は弊社までお問い合わせください。

 

熊本地震で多くの住宅が倒壊しました。

被災された皆さまにはお見舞いを申し上げると共に、一刻も早い生活再建ができることを期待したいと思います。

 

住宅の耐震は現在の建築基準法通りに建てると震度6弱でも倒壊しないものとなっています。

そして性能表示における「耐震等級3」にすると震度7でも倒壊しない建物となります。

 

今回の地震で倒壊してしまった建物は現在の建築基準法制定以前のものが多くて、耐震的に弱いものであったと言わざるを得ません。

 

これから住宅を購入する時には、まず建築地の想定震度を調べて、それに耐えうる耐震性を持たせなければなりません。

 

想定震度は各県庁のホームページに掲載されています。

 

それが震度5以下であれば、通常の建築基準法仕様通りで倒壊しません。

震度6強エリアであれば耐震等級の「2」もしくは「3」が望ましいでしょう。

 

さらに「液状化のしやすさ」についても調べましょう。

 

液状化の可能性が高ければ地盤改良が必要となります。

その時には、地盤調査をして、その結果をもとに地盤改良の方法を決めることになります。

費用として100万円以上かかる場合もありますが、建築後に改良しずらいために建築前の対応が良いです。

 

そして津波などが想定されるようであれば、それも調べる必要があるでしょう。

 

津波が10メートルを超えることが想定されたら住宅の建物としての対策は難しいものがあります。

できれば、そのエリアでの建築を避けるのがいいです。

 

首都圏においては大地震の可能性が高いとされていますので、対策としては出来うる最大限を行うのが望ましいです。

 

防災対策としては「悲観的に準備をして、楽観的に暮らす」のが良いといいます。

建築業者・不動産業者のアドバイスを受けつつ、自分でも調べて、十分に納得して住宅建築・購入をしなければならないと言えます。

 

今回の地震は内陸活断層によるもので、現在わかっていない活断層も多くあるとされます。

地震国日本に住んで、地震活動期に入ったと言われる現在、防災対策は必須の時代になったと言えます。

 

「戸建分譲研究所」アナリスト 松沢博

 

 

耐震等級とは、読んで字のごとく「地震」に「耐える」ための「等級」のことです。
建物自体が大きく揺れないように構造をガッチリと固くしてしまうことで
地震の被害から建物を守ろうというつくりになっています。

等級は1~3に分けられていて、1が最低基準、3が最高基準です。
建築基準法を満たす最低基準の耐震力で建物を建てると、それが耐震等級1。
大震災時に救助活動の拠点となる関東の消防署や警察署などが耐震等級3(最高ランク)、にあたります。

実は現在販売されている建売住宅や新築マンションのほとんどが耐震等級1なのですが、
弊社の建売住宅は全てこの「耐震等級3」を取得したものなのです。

ただし、耐震等級が高いというのは単に「建物自体が強固で地震に強い」ということであり、
それがそのまま「住んでいるあなたの安全」につながるわけではありません。
耐震等級が高ければ高いほど建物の倒壊・損傷の可能性は一気に減りますが、
建っている土地自体が崩壊してしまっては元も子もありません。

ここで大切なのが、地盤の固さです。
弊社の建売分譲住宅は、全て事前に第三者機関による地盤調査を行い、改良の必要があればもちろん改良し、
尚且つ建物・地盤双方に保険もかけております。

建物の保証は、最長10年、補修費用実費2,000万円まで
地盤の保証は、最長10年、補修費用実費5,000万円まで

現在販売中の【耐震等級3取得】物件の詳細はこちらからご覧いただけます。

https://suumo.jp/jj/bukken/shosai/JJ012FD001/?ar=030&bs=020&nc=85188041&suit=nsuusbsp20121129001

その土地や建物が地震に強いものかどうかを判断するには、
大規模な地盤調査が必要であったり、
建築の知識を持って基礎工事(建物の土台作り)の段階から完成までを見届けなければならず、
一般の方にはどうしても難しいです。

弊社スタッフは、プロの目線とお客様の目線両方から見てしっかりと学び理解した者ばかりですので、
ドンとお任せください!

首都直下型地震が来る、と言われてもう久しいです。
出来るだけの準備をし、不安は早い段階で解消し、心づもりだけは万全にしておきたいものです。

 

カテゴリー

最近の投稿

カレンダーー

2018年8月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
STAFF BLOG スタッフブログSTAFF BLOG スタッフブログ

店舗案内

株式会社ダンデ・ライズ

【横浜本店】
〒221-0834
神奈川県横浜市神奈川区台町11-29
横浜エムアイビル601号
【鷺沼支店】
〒216-0004
神奈川県川崎市宮前区鷺沼3-5-28
アグリアス鷺沼 B1F

お問い合せは鷺沼支店まで

044-948-6833044-948-6833

■ 営業時間/9:30~18:30
■ 定 休 日/毎週水曜日、第1・3火曜日

お問い合せはこちらお問い合せはこちら
  • STAFF BLOG スタッフブログSTAFF BLOG スタッフブログ
  • 弊社提携「戸建分譲研究所」 アナリスト 松沢 博 詳しくはこちら弊社提携「戸建分譲研究所」 アナリスト 松沢 博 詳しくはこちら
  • 新築一戸建てを購入してポイントプレゼント!ポイント交換で色々なカスタマイズをご用意!新築一戸建てを購入してポイントプレゼント!ポイント交換で色々なカスタマイズをご用意!
  • SUPER WOOD4 スーパーウッドフォー 「家賃保証可能」毎月の安定収入が見込める物件