ダンデライズのスタッフブログ

コラムテーマ【熊本地震の調査報告書から学ぶ、戸建の地震対策】

関東近辺で震度4ぐらいの地震が頻繁に起き始めています。

 

 

首都圏に大地震がくる可能性が30年内に70%以上の確立

 

と言われていますので、いつ来てもおかしくない状況でしょう。

 

 

熊本地震により震度7が連発すると、地盤改良しておらず構造計算をしていない建物は損傷・倒壊

 

していまい、住めなくなることが国土交通省の現地調査報告により明らかになりました。

 

 

建築基準法では、震度6弱が起きた時に倒壊しないという基準になっていて、さらに低層木造住

 

宅は構造計算をしなくても良いことになっています。

 

 

ただ問題なのは今回の熊本地震で震度6強や震度7の連発となると、これらのものは倒壊まで行

 

かなくても「赤紙」を貼られてしまい、住めなくなってしまっている事です。

 

 

「赤紙」となると、大規模修繕か解体・建て直しか移転のどれかになります。いずれも住宅ロー

 

ンが残っていると、費用負担の問題があります。

 

 

震災特例などで二重ローンを組めたとしても、毎月のローン支払いはとても重い負担となります。

 

 

となると、熊本地震から今後に首都圏で新築住宅購入を考えている人が学ぶべきは「構造計算を

 

した上での耐震等級3」と「地盤調査の結果に基づく地盤改良」は必須であるという事です。

 

 

この2つは現在の戸建ての地震対策とするとベストとなるものです。

 

 

しかし、更にこれらの上を行くものが研究されています。

 

 

戸建の地震対策としては究極とも言える「構造計算による耐震等級3」+「熊本地震の調査結果を

 

踏まえた地盤調査と地盤改良」+「自身の揺れを吸収する免震工法」の3点セットです。

 

 

これらは理論的に震度7の連発に耐えるというものになっていますが、実証実験はされていません。

 

実験には、お金と時間がかかるためです。

 

しかし、今後は予算ができ次第に順次行われることがあると思います。

 

 

ただその実験を待っていては、地震に間に合わなくなる事があります。

 

であれば、熊本地震の後として、ベストと思える「耐震等級3+地盤改良+免震工法」を採用するこ

 

とが「安心」につながると思います。

 

 

戸建住宅アナリスト 松沢

 

 

カテゴリー

最近の投稿

カレンダーー

2018年9月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
STAFF BLOG スタッフブログSTAFF BLOG スタッフブログ

店舗案内

株式会社ダンデ・ライズ

【横浜本店】
〒221-0834
神奈川県横浜市神奈川区台町11-29
横浜エムアイビル601号
【鷺沼支店】
〒216-0004
神奈川県川崎市宮前区鷺沼3-5-28
アグリアス鷺沼 B1F

お問い合せは鷺沼支店まで

044-948-6833044-948-6833

■ 営業時間/9:30~18:30
■ 定 休 日/毎週水曜日、第1・3火曜日

お問い合せはこちらお問い合せはこちら
  • STAFF BLOG スタッフブログSTAFF BLOG スタッフブログ
  • 弊社提携「戸建分譲研究所」 アナリスト 松沢 博 詳しくはこちら弊社提携「戸建分譲研究所」 アナリスト 松沢 博 詳しくはこちら
  • 新築一戸建てを購入してポイントプレゼント!ポイント交換で色々なカスタマイズをご用意!新築一戸建てを購入してポイントプレゼント!ポイント交換で色々なカスタマイズをご用意!
  • SUPER WOOD4 スーパーウッドフォー 「家賃保証可能」毎月の安定収入が見込める物件