ダンデライズのスタッフブログ

コラムテーマ【マイナス金利終焉】

アメリカ大統領選挙でトランプ氏が当選し2017年1月に大統領となる見込みです。

 

トランプ氏はアメリカの雇用を取り返すために保護貿易を主張しています。

 

また減税や公共投資をしてアメリカ経済を立て直すと公約しています。

 

 

その影響でアメリカの株式は市場最高値となり為替はドル高となり、ブラックフライデーなども

 

販売好調で、すでにアメリカは経済好調に転換したように見えます。

 

 

この影響が日本にもすでに表れていて、日本国債の10年物金利が上昇しています。

 

%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%82%b9%e9%87%91%e5%88%a9%e7%b5%82%e7%84%89

 

 

日銀のマイナス金利政策により10年国債の金利がマイナスになっていましたが、11月15日に

 

プラスに戻り11月14日には0.044%まで上げました。

 

それ以降もプラス圏で推移していてマイナス金利は事実上終焉させられたと言えます。

 

 

これにより住宅ローン金利も若干の上昇が見込まれます。

 

ただまだ市場最低水準の金利ではありますので、「借り時」であることは確かです。

 

むしろ市場最低水準相場の「終わりの始まり」なので、住宅ローンの実行時に、低金利の恩恵を

 

受けるという事では、住宅のご購入はお早目にされた方が良いとも言えます。

 

 

例えば、新築一戸建て分譲を契約して2017年3月に引き渡し予定の場合の住宅ローンは

 

2017年3月の住宅ローン金利ということになります。

 

その来年3月の10年長期国債の見込みは、現在のマイナス金利の前の水準である0.3%くらいと

 

推測されます。

 

となると住宅ローンは1.0%弱となり、現在より+0.5%くらい上がると見込まれます。

 

その意味では、出来たら早く引渡しをしてもらえるようにし、なるべく安い金利で借りる必要が

 

あります。

 

いずれにせよ、今は35年固定の住宅ローンを1.0%以下で借りられるラストチャンスと言えます。

 

3年以内に買う予定のある方は、購入を早めた方が良いとも言えます。

 

更にいうと、日銀の意図に沿わずにマイナス金利が終了しそうという事は、日銀の金融政策が

 

限界を超えていることになり、今後は市場が金利を決めるということになります。

 

となると日本の財政プライマリーバランスが問題となり、社会保障費の増大が国債の積み増しに

 

つながり金利上昇を促すことになります。

 

「言うだけ超低金利政策」の寿命も尽きようとしています。

 

 

いつまで続くのか?と注視されていた「低金利」の「終焉」が近づいている今、住宅購入の準備期間

 

から購入の行動を起こす時が来たと言えるでしょう。

 

 

戸建分譲研究所アナリスト 松沢

 

 

 

カテゴリー

最近の投稿

カレンダーー

2018年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
STAFF BLOG スタッフブログSTAFF BLOG スタッフブログ

店舗案内

株式会社ダンデ・ライズ

【横浜本店】
〒221-0834
神奈川県横浜市神奈川区台町11-29
横浜エムアイビル601号
【鷺沼支店】
〒216-0004
神奈川県川崎市宮前区鷺沼3-5-28
アグリアス鷺沼 B1F

お問い合せは鷺沼支店まで

044-948-6833044-948-6833

■ 営業時間/9:30~18:30
■ 定 休 日/毎週水曜日、第1・3火曜日

お問い合せはこちらお問い合せはこちら
  • STAFF BLOG スタッフブログSTAFF BLOG スタッフブログ
  • 弊社提携「戸建分譲研究所」 アナリスト 松沢 博 詳しくはこちら弊社提携「戸建分譲研究所」 アナリスト 松沢 博 詳しくはこちら
  • 新築一戸建てを購入してポイントプレゼント!ポイント交換で色々なカスタマイズをご用意!新築一戸建てを購入してポイントプレゼント!ポイント交換で色々なカスタマイズをご用意!
  • SUPER WOOD4 スーパーウッドフォー 「家賃保証可能」毎月の安定収入が見込める物件