ダンデ・ライズ > 株式会社ダンデ・ライズのスタッフブログ記事一覧 > 土地の生産緑地地区とは?指定の背景やメリットを解説!

土地の生産緑地地区とは?指定の背景やメリットを解説!

カテゴリ:お役立ち情報

土地の生産緑地地区とは?指定の背景やメリットを解説!

生産緑地地区という言葉を聞いたことはあるでしょうか。
これは、農業や緑化を促進するために、都市計画法で定められた特別な地区です。
しかし、生産緑地地区には、どのような基準やメリットがあるのでしょうか。
そこで今回は、生産緑地地区の概要や指定の条件、土地の売買に関する注意点について解説します。

株式会社ダンデ・ライズ鷺沼支店へのお問い合わせはこちら


生産緑地地区とは都市部の農業土地

生産緑地地区とは、都市部において農業を営む土地のことです。
生産緑地法という法律に基づいて、農業を続けることを宣言した土地は、生産緑地地区に指定されます。
生産緑地地区の目的は、都市部における農業の振興や緑地の保全、景観の形成などです。
生産緑地地区に指定された土地は、税金の優遇措置や開発制限などの特別な措置が受けられます。
しかし、生産緑地地区に指定されたからといって、必ずしも農業を営まなければならないわけではありません。
農業をやめたり、土地を売却したりすることも可能ですが、その場合は税金の追徴や違約金などの負担が発生します。

▼この記事も読まれています
土地の切土と盛土とは?それぞれの意味や見分け方を紹介

土地の生産緑地地区制度の背景とは?都市化に対抗する制度について

生産緑地地区とは、高度経済成長期に都市部で急速に進んだ宅地開発や工業化による環境悪化を防ぐために、農地や緑地を保全することを目的とした地区です。
この地区では、農業や林業などの生産活動を継続しながら、自然景観や生態系の保護にも配慮しています。
生産緑地地区の指定は、市区町村がおこないます。
生産緑地地区に指定されると、農地の転用や建築物の建設などに制限がかかるため注意が必要です。
その代わりに補助金や減税などの優遇措置が受けることが可能です。

▼この記事も読まれています
不動産内見のポイントは?準備すべき点と見るべき場所をご紹介!

生産緑地地区の指定要件とメリットについて

生産緑地地区とは、農業や林業などの生産活動を継続しながら、都市の緑化や景観の保全に貢献する地域のことです。
生産緑地地区に指定される要件は、自治体によって異なりますが、一般的には以下のようなものがあります。

●農地や林地などの面積が一定以上であること。
●農業や林業などの生産活動を行っていること。
●都市計画法に基づく用途制限区域に属していること。
●生産緑地地区に指定することで、都市の緑化や景観の保全に寄与することが期待できること。


生産緑地地区に指定されると、農業や林業などの生産活動を継続することが認められるだけでなく、固定資産税や相続税などの減免措置も受けられます。
また、生産緑地地区に指定された土地は、原則として売買や分割などができないため、都市開発による土地の分断や消滅を防ぐことができます。

▼この記事も読まれています
土地の購入前に知っておきたい日影規制と北側斜線制限についてご紹介!

まとめ

生産緑地地区とは、農地や緑地を守るために設けられた特別な区域です。
生産緑地地区に指定されるには、一定の面積や条件を満たす必要があります。
生産緑地地区に指定された場所では、農業や緑化活動を優先的に行うことができます。
川崎市・横浜市の新築一戸建てなど不動産売買のことならダンデ・ライズにお任せください。
物件購入でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

株式会社ダンデ・ライズ鷺沼支店へのお問い合わせはこちら



≪ 前へ|土地における重要伝統的建造物群保存地区とは?選定基準や例をご紹介!   記事一覧   準工業地域とは?建てられる建物や土地購入のメリット・デメリットを解説!|次へ ≫

トップへ戻る