ダンデ・ライズ > 株式会社ダンデ・ライズのスタッフブログ記事一覧 > 三角地の土地活用とは?変形地のメリットも解説

三角地の土地活用とは?変形地のメリットも解説

カテゴリ:不動産豆知識

三角地の土地活用とは?変形地のメリットとは?

取得した土地が三角地で、どのように活用したら良いかお困りではありませんか?
三角地とは文字通り三角形をしている土地のことで、特殊な形状をしているために建物を建てにくいことがあります。
そこで、こうした特殊な状況でも上手に土地活用をする方法を解説していきます。

株式会社ダンデ・ライズ鷺沼支店へのお問い合わせはこちら


三角地の土地活用方法

四角形に比べて三角形だと、十分に面積を活かせないのがデメリットですが、十分な広さがあればさまざまな活用方法があります。
まず、駐車場や駐輪場として活用ができないかを検討しましょう。
建物を建てる必要がなく、土地の形にあわせて駐車スペースを配置すれば、土地を効率的に活用できます。
また、テナント物件として活用することもおすすめです。
上手に設計をすれば店舗やオフィスにすることができ、逆にそれが見た目のインパクトになって魅力を与える可能性もあります。
テナント物件は住居物件よりも収益率が高いので、投資目的での土地活用としては注目したい分野です。

▼この記事も読まれています
土地の切土と盛土とは?それぞれの意味や見分け方を紹介

三角地を活用するメリットとは?

三角地は、周辺の土地に比べて土地代が安いというメリットがあります。
やはり土地活用が難しいという一般的な見方がありますので、敬遠されてしまうからです。
そうなると、固定資産税や相続税などが安くなります。
変形地は資産評価額が下がる傾向にありますので、費用負担が減るというメリットを生み出します。
もう一つは、オリジナリティのある建物にできるというメリットです。
設計次第というところもありますが、一般的な建物と異なる形状になりますので目を引きます。
これが店舗などでは好条件と見られることもあります。

▼この記事も読まれています
不動産内見のポイントは?準備すべき点と見るべき場所をご紹介!

土地活用のポイント

こうした三角地の土地活用では、いかにしてデッドスペースをなくせるかがポイントとなります。
土地が狭くなる部分を無理なく使えるように、複数の活用方法を組み合わせることも良いでしょう。
たとえば、テナント物件として活用する傍ら、一部を駐車場として活用するなど、さまざまなパターンがあります。
また、土地活用をおこなうにあたって重要になるのが、周辺の需要とマッチした活用をおこなうことです。
需要を考慮した活用方法を選ぶことで、安定した収益が得られます。
どの活用方法を選択したら良いかわからない場合は、弊社にご相談ください。

▼この記事も読まれています
土地の購入前に知っておきたい日影規制と北側斜線制限についてご紹介!

まとめ

三角地は文字通り土地が三角形の形をしており、有効活用がしづらい土地です。
しかし、ポイントを押さえて上手に設計すれば、三角地ならではのメリットを生かした運用ができるはずです。
周囲の需要にあわせた土地活用をおこなうことで、安定した収益を得られます。
川崎市・横浜市の新築一戸建てなど不動産売買のことなら株式会社ダンデ・ライズ鷺沼支店にお任せください。
物件購入でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

株式会社ダンデ・ライズ鷺沼支店へのお問い合わせはこちら



≪ 前へ|権利証を紛失したら不動産売却はどうなる?売却方法と注意点を紹介   記事一覧

トップへ戻る